自動車保険 増車 安い

家族で車を増車して、安い自動車保険を契約する裏ワザをご紹介。セカンドカー割引なら増車した2台目を安い自動車保険にすることも可能。そのための条件など詳しいところをお伝えしています。

家族で車を増車して、安い自動車保険を契約する裏ワザをご紹介。セカンドカー割引なら増車した2台目を安い自動車保険にすることも可能。そのための条件など詳しいところをお伝えしています。

増車して安い自動車保険を契約する裏ワザ

家族で車を増車して、安い自動車保険を契約する裏ワザというのがセカンドカー割引。セカンドカー割引はすでに所持している車の等級により、2台目以降の保険料が格安になる保険です。ここではセカンドカー割引を契約するために必要なこと、注意すべき点などをご紹介していきます。

あなたが代理店を通して自動車保険を契約している場合、代理店の担当者が丁寧に説明してくれ、しっかり漏れなくセカンドカー割引を契約してくれるでしょう。ですが、相手がセカンドカー割引のことを知っていない場合、こちらが一台目の車を持っていることを知らない場合はセカンドカー割引をせず普通の保険料で契約してしまう場合もあります。こういうもったいないことをしないためにも一台目の車を所有していること、セカンドカー割引をしたいことをしっかり伝えるようにしましてください。

増車して契約し、セカンドカー割引を適用する場合、2台目の車の保険会社は別の会社でもいいですが、これを満たしておかなければいけないという条件がいくつかあります。

セカンドカー割引では、自動車保険の契約初期に通常6等級でスタートするところを7等級からはじめることができますので、保険料を大幅に抑えることができるのです。

セカンドカー割引に必要な条件

セカンドカー割引を契約するためには一台目の車で次の条件を満たす必要があります。

 ノンフリート等級が11等級以上である
1年を超える長期契約の場合、自動車保険は他社契約でもOKですが、2台目の車の保険開始日に、一台目の車の等級が11等級以上でなければいけません。

 一台目の車が自家用8車種である
セカンドカー割引契約するためには、一台目の車が自家用8車種でなければいけません。自家用8車種というのは自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用軽四輪貨物車、自家用小型貨物車、自家用普通貨物車(最大積載0.5トン以下)、自家用普通貨物車(最大積載0.5トン超2トン以下)、特種用途自動車(キャンピング車)に該当していなければいけません。

 一台目の車が個人所有である
自動車検査証を調べてみてください。車検証の所有者欄に一台目の契約者名が記入されていると思いますが、そこには一台目の車の所有者か家族などの個人名が書かれていれば問題ありません。例外として自動車のディーラー、ローン会社、リース業者は所有者とみなされますが、基本的には個人名である必要があると覚えておきましょう。特に会社経営している方は法人名義にしていないか注意してください。
自動車保険を譲渡して2台目の保険を安くかける裏ワザ http://ichibanyasui-kurumahoken.com/5489.html#2-2

自動車保険 増車 安い © 2018